行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

どこまでも図づしい支那。

七月六日(晴)

 

中国大使館が、カナダは中国の問題に「著しく介入」しており、新法は香港の安全に寄与すると主張とのこと。いわゆる内政干渉をするなということだ。また 「カナダを含め一部の西側諸国は、人権の観点で香港問題に介入している。これは国際法と国際関係の規範に著しく違反している」と主張している。国際法だの人権だのと、無視し続けている国が良く言うなと思うのは私だけではあるまい。

 

ベトナムとは石油掘削で揉め、フィリピンとは海を勝手に埋めて基地を作り、揉めている。香港では国家安全法を無理に施行し、チベットウイグルでは毎日のように弾圧、虐殺を繰り返し、台湾を力ずくで飲み込もうとし、日本へは尖閣諸島の連日領海侵犯の繰り返し行っている。インドとは国境をめぐって軍事衝突まで起こしている。なにかに似ているなと思ったら、欧米列強がアジアの国々を占領したあの時代に似ている。欧米列強に代わり、今、支那が同じことをやっているのだ。こんな国が、(中国の問題に著しく介入しており)とか、(人権の観点で香港問題に介入している。これは国際法と国際関係の規範に著しく違反している)とよく言えたものだ。

 

しかし自民党の二階はよくもこんな国の親玉を国賓で招こうとしているのだから呆れてしまう。現在、自民党内で政府に対し、香港の国家安全法を施行したことで習近平国家主席国賓来日反対の決議案を出しているとか。それに二階幹事長はは異議を申し立てているようだ。世界の嫌われ者を国賓で呼ぶなどそれこそ日本は世界の笑われ者になる。一歩間違えば世界から相手にされかねない。自民党若手議員にはなんとか国賓来日を阻止してもらいたいものだ。

 

夜はロバート・レッド・フォード、ブラッド・ピット主演映画「スパイ・ゲーム」、「町中華で飲ろうぜ」を見て十一時過ぎに寝る。

休竿日。

七月五日(晴)

 

八時に起床し、朝食。シャワーを浴びてから映画「ベン・ハー(2016)」、「トゥームレイダーファースト・ミッション」、女子ゴルフスペシャルマッチ2020を見る。長時間の番組だったので途中、ダッフィーの散歩をし、夕食を食べて風呂に入り、また女子ゴルフスペシャルマッチ2020を見る。メンバーは渋野日向子、勝みなみ、河本結、原英莉花、札幌出身の小祝さくら、大里桃子という黄金世代と言われている若手六選手。チャリティーで収益金は医療従事者に寄付するそうだ。

 

ゴルフを見終わり映画「ロンドン・バーニング」、「ダブル・トリガー」を見て十一時過ぎに寝る。

 

 

積丹釣り紀行。

七月四日(晴)

 

七時に起床し、朝食。顔を洗い、録画したおいたラ・リーガレアル・マドリード対ヘタフェ戦を見ていたら妹家族が買い物から帰ってきて、みんなで金を出し合って私に立派な竿立てを買ってきた。それならばと昼から積丹へ。目的地は入舸(イリカ)の磯。積丹に向かう途中の道中は車で混雑していた。余市の柿崎商店は活気を取り戻したようだ。正直に言わせてもらうが、私ならこんな高いところでは絶対に買わない.国道に出ればもっと良い店があるからだ。美国までの寿司屋や食堂は雲丹シーズンで車でびっしり。少しづつ生活が戻ってきているのだろう。何か安心する。もう中国人、韓国人観光客など当てにしなくて良い。これが当たり前の昔の光景になる事を願う。

 

色々と磯場を見て回り、入舸に到着したのは三時くらい。車を道路わきに止め、重たい荷物を担いで下の磯場に降りる。雰囲気は最高だった。早速投げる。磯場での釣りは数十年ぶりなのでまったくポイントも勝手もわからない。とにかく投げてみた。投げたところが岩だらけで巻くとすぐに引っかかる。根魚を狙うなら真下に投げるべきだったが仕掛けもなくなりそうなので一時間くらいして撤収した。そして幌向漁港に向かう。漁港に到着し、内防波堤で投げることにした。七時を回り、反応がないので撤収し、古平に向かう。

 

漁港に到着し、先端に行く。幸先よく久しぶりにレギュラーサイズのソイがヒットした。型は小さいが久しぶりの手応えを味わった。今日はいいなと思ったのもつかの間。まったくアタリがなくなった。しばらくして二匹目のソイがきた。これもレギュラーサイズ。場所を転々としたがアタリがなく、十一時に納竿。

f:id:kn3826:20200705172537p:plain

f:id:kn3826:20200705103232j:plain

帰りに腹が減ったのでラーメンを食べて帰宅。

冷静に対処しました。

七月三日(晴)

十時に例の契約者の契約のため訪問する。開口一番止めるという。この四日間、契約するしないと振り回される.まあ精神が不安定なので仕方がないが、「ふざけるな」という言葉は抑えました。言動もあやふやで良く分からない。最終的に契約をするというので免許証を確認させてくださいというと更新していないと言う。いやいや無免許で契約は出来ない。丁重に、無免許と分かって契約は出来ませんよと断った。受けてしまえばこちらがコンプライアンスで処罰を受けてしまう。そこまでして契約はしたくない。まったく朝から疲れた。

午後は、中央区に行き、不備契約の集金。四時前に事務所に戻り、事務処理をして帰宅。姪っ子とダッフィーの散歩をして晩飯。シャワーを浴びてからアトレティコ・マドリードアラベス戦、映画「マイル22」を見ていたら朝のお客からまた電話。四日前から同じ話の繰り返しである。ブチ切れそうな感情を抑え、穏やかに説明を初めからしてやる。

訪問した時に、言った言わないというのも面倒なのでこの二人の会話をメモしておくようにか頼んだが、何を話したのか覚えてないらしい。私はたとえ契約したとしても後々契約した覚えがないと言われても困るので契約は出来ないと説明した。ましてや無免許なので無理ですよと言って納得をしてもらった。一日この客に振り回された。

寝る前にWOWOWドラマ「FBI:特別捜査班」を見る。

参ったなー。

七月二日(曇/雨)

 

この三日間、契約をするしないと、精神が病んでいる契約者の対応をしていてこちらが疲れてきた。肝心なことは言っていない電話もした記憶がないと言い出す始末。明日契約するというがどうなることやら。

 

四時過ぎに帰宅し、ダッフィーの散歩。散歩から戻り夕食をとってから映画「マシンガン・ファーザー 悪党に裁きの銃弾を」、「アクセレーション」、WOWOWドラマ「FBI:特別捜査班」を見て寝る。

久しぶりの夜更かし。

七月一日(晴)

 

昨夜は友人のライブで帰宅が二時近かったので朝起きるのが辛かった。なんとか布団から起き上がり、朝食を取って支度をして事務所に向かう。自宅から事務所まで車で一分もかからない。それでも車で行く体たらく。結局一日事務所でダラダラしていた。途中、釣具屋に行き、今シーズンの鮭釣りの仕掛けを買いに行った。しかしまだシーズンまでは早いのであまり物が無かった。

 

とうとう中国政府は香港への国家安全法が施行され、反対デモに参加をした三百人が早くも逮捕された。これで香港は中国本土の監視のもと、自由、人権、権利、平和を失ったということだ。この国家安全法を中国政府が強行に採決したことに対し、日本を含めた二十七か国が香港の人権を侵害すると、共同声明を発したようだ。現在、中国は台湾には銃口を向け、南、東シナ海を我が物顔で航海し、日本においては尖閣諸島の領海侵犯、ウイグルチベットの弾圧、虐殺行為、そして太平洋までも狙っているというのだからアジアの脅威ではなく世界の脅威となっている。一体どうやってこの中国を止めることができるのだろうか。

 

夜はバルセロナアトレティコ・マドリード戦を見る。スコアレスドローとなり今シーズンの優勝は絶望的となった。