行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

秋の夜長を 鳴き通す。

九月十七日(曇/晴)

 

午前中は、二件の継続契約があった。北区に白石区。まったく反対の地区。この二件であっという間に昼になってしまった。午後からは、事務処理に取引先に書類を発送。我ながらよく仕事をした。四時に事務所を閉めて帰宅。ダッフィーの散歩をして夕食。シャワーを浴びて実話を基に作られた映画「パレス・タウン」、「ホテル・ムンバイ」と釣りバカ対決を見る。夜、窓からは涼しい秋風と虫の鳴き声。

f:id:kn3826:20200918112753j:plain

あらすじ

2008年11⽉26⽇。インドの五つ星ホテルがテロリストに占拠される。⼈質は、500⼈の宿泊客と従業員。特殊部隊の到着は数⽇後。宿泊客を逃がすため、ホテルに残った従業員たち。部屋に取り残された⾚ん坊を救うため、銃弾の中を⾏く⽗と⺟。これは「誇り」と「愛」を懸けた、3⽇間の脱出劇。極限の状況下で、⼈はこんなにも⼈を想えるのか―。


自民党幹事長を再任した二階氏の発言。

「穏やかな雰囲気の中で、実現できることを心から願っている。中国は引っ越しのできない隣人だ。仲良くがっちり手を組んで、お互いに共通のことを考える国柄となるように切磋琢磨すべき」

一体、共通とはなんなのだ。この二階氏、日本国民より中国に寄り添うつもりなのだろうか。そう思うならば、まずは尖閣諸島から撤退願いたいというべきです。そして台湾に関しては、我々の大切な友人なのでそっとしておいてほしいと。今、アジアはおろか世界を脅かしているのは中国である。日本政府として言うべきは、アジアの平和と安定のため、ウイグルチベット、香港、台湾、インド、南、東シナ海で問題を起こさないでほしいというべきだ。

 

このままで日本政府が、皇室を蔑ろにし、勝手に国賓で招くとなると、国際社会は日本も中国と同類だという認識をとられる可能性がある。それでも二階氏は、国際社会よりも中国の方が大事なのか。こまったタヌキ爺だなあ。

夜は秋風が吹く。

九月十六日(晴)

 

午前中から契約者へ書類の郵送をする準備をして午後にやっと発送。午後、天舞のスタッフが来訪。五時頃まで雑談し、解散。帰宅し、姪っ子達とダッフィーの散歩。気まぐれに歩いていると姪っ子にリードを引っ張られていつもの散歩コースに戻される。三十分くらい歩き家に戻る。夕食を済ませてからシャワーを浴び、WOWOWドラマ「ザ・ルーキー」、映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」、英雄たちの選択スペシャル「ローマ帝国VS驚異の砂漠都市」を見る。窓の外からは寒い秋風が入ってくる。

日が落ちるのも早くなってきました。

九月十五日(晴)

 

午前中、同業者が仕事の合間に来訪。昼に帰る。午後から、来月分の契約のチェックをし、申込書を作成。これでほぼ十月の契約は完了した。あとは鮭釣りに勤しむか。後輩からも週末はどうしますかと連絡が入る。どうするもこうするも行きますよ。

 

四時に事務所を閉めて帰宅。公務員よりも早い帰宅ですなあ。五時になるともう薄暗くなる。そんな小雨の降る中、ダッフィーを連れて散歩。散歩から戻り、夕食をとり風呂に入ってから録画しておいた町中華で飲ろうぜ、デンゼル・ワシントン主演映画「インサイド・マン」、「アンストッパブル(2010)」を見て十一時過ぎに就寝。

管さんにこの国を託す。

九月十四日(曇)

 

事務所で仕事をしていると午後に同級生が来訪。そのあとに先輩も来訪する。同級生は現在も癌治療をしている。癌は糖尿の合併症ではないが、身体がボロボロのようだ。それでも運動を兼ねて同級生らとゴルフで身体を動かしている。私は、今は釣り一本だが、昔はよく同級生たちとゴルフをしていた。この同級生たちを釣りに誘うのだけれど皆、理由を無理やりつくり避ける(笑)

 

自民党の総裁選で菅官房長官が断トツで当選した。安倍政治を継承するということで菅さんには淡い期待もしていなかったが二階幹事長を再任させた。できれば二階氏の力を削ぎ落してもらいたかったものだ。危惧しているのはこれで来年の習近平国家主席国賓来日に一歩進んだのではないだろうか。若手の自民党外交部会長の中山泰秀氏になんとか引き続き反対をしてもらうしかない。あ、でも選挙で公認をもらえなかったらあれか。

 

同級生は、六時半で帰る。事務所を閉めて帰宅し、ダッフィーの散歩をする。それにしても日が沈むのが早くなった。この時間になると散歩をしている人もあまりいない。散歩から戻り、夕食をとってからシャワーを浴び、録画しておいたLPGAメジャーANAインスピレーション最終日を見る。なんと四時間以上。見終わったのは十二時前だった。ブルックスヘンダーソン、ネリー・コルダ、イ・ミリム三人のプレーオフでイ。ミリムがバーディーで優勝した。イ・ミリムは、奇跡的なチップインバーディー、イーグルでトップに並び、そのままの勢いでメジャー初制覇。

未来より過去の時間が多くなったか・・・。

九月十三日(雨/曇)

 

七時過ぎに起床。釣りの後は一日、二日は身体が怠く動かなくなる.分かっていても行くのだからやはり釣りバカだ.特に鮭釣りは、釣り場の確保のため早く行動をしなければならない。釣れる情報は早く耳に入るので争奪戦となる。一日釣れるわけではなく朝が勝負なので大体昼前には竿をたたむことが多い。その入れ違いを見計らって場所を取る。上手く群れが入れば午後五時くらいまでは釣れるのだけれどなかなかそんなタイミングに出会うことはない。とにかく鮭釣りは場所がすべて。そのためみんな早くに行動して後は夜が明けるまで寝るか酒を飲んでいるかのどちらかです。

 

朝食は釣りの時に朝食べようと思い買っておいたハムチーズサンドを食う。シャワーを浴びてからLPGAメジャーANAインスピレーション三日目を見ていて途中車の洗車に行き、またゴルフを見る。三日目は、日本人選手の渋野日向子と河本結が同じ組で回る。ゴルフを見終わりデンゼル・ワシントン主演映画「マーシャル・ロー」 「デンジャラス・ラン」を見て五時頃、姪っ子達とダッフィーの散歩をする。残暑も去り、散歩の時間も寒くなった。散歩から戻り夕食。風呂に入りWOWOWドラマ「FBI:特別捜査班」、「クリミナル・マインド 15 FBI行動分析課」を見て寝る。「デンジャラス・ラン」の中に「未来より過去の時間が多くなったこと」という台詞がある。私ももうそんな歳なんだなあと妙に納得する。

f:id:kn3826:20200914100639j:plain

 

太平洋海戦五連敗。

九月十二日(雨)

四時前に目が覚め、海を見る。何重にも白波が立ち、大うねりで雨あり、風なし。周りも諦めて撤収。一人また一人帰ってゆく。釣りでは最悪のコンディションだ。我々も五時半に撤収を余儀なくされる。前々回からまったく釣りらしい釣りをしていない。これで五連敗.大丈夫かな今年は。

f:id:kn3826:20200912131316j:plain 帰りに二箇所釣り場を視察する。太平洋は壊滅状態だった。運転は弟に任せて私は爆睡していた。八時前に帰宅。釣り道具を片付けて買っておいたカツサンドを食べて布団に入る。釣りの後は一日身体が動かなくなる。昼前に一度目が覚めシャワーを浴びてからANAインスピレーション二日目を見て五時頃ダッフィーの散歩。

晩飯を食い釣りバカ対決、中島みゆき名曲集トリビュートライブ、日本女子プロゴルフ選手権三日目、釣り百景、映画「誘拐犯」、ブルース・リー生誕八十年特集「燃えよドラゴンを見て十一時にバタンキュー。ほとんど一日布団の中にいた。

荒ぶる太平洋。

九月十一日(曇)

三時過ぎに同業者が来訪し、紹介された契約者のところに一緒に向かう。若いご夫婦で家を新築し、その保険を私のところに回してくれた。契約を済ませ、同業者に事務所まで送ってもらう。契約を機械処理し、事務所を閉めて帰宅。七時ごろにダッフィーの散歩。夕食をとり、シャワーを浴びてからLPGAメジャーANAインスピレーション初日を見る。

十二時に、弟、後輩とで鮭釣りに出撃。二時過ぎに白老に到着。その時点で白波が立っており、風、雨と最悪のコンディション。仕方がないので場所の確保だけして朝まで寝ることにした。