行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

絶不釣

f:id:kn3826:20190708130230j:plain


f:id:kn3826:20190708130240j:plain


七月六日(晴)

夕方、先週のリベンジで一人古平へ。七時に我が家を出発して八時過ぎに古平に到着。港に到着し、早速実釣。今夜は天気も良いので釣り人もまあいる。しかしどこも釣れていない様子だ。何となく遠くから見ていても人の動きやキャップライトの動きでわかる。雰囲気は釣れそうなのだが、早い時間はガヤのアタリしかない。足元を照らして見てもガヤがうようよ泳いでいる。

当たりも暗くなり、良い感じなのだがソイのアタリはまったく無し。あちこち移動して投げるが一向にガツンというソイのアタリは無い。時計を見ると十一時を過ぎている。四時間投げてガヤ二匹。これはボウズかなと嫌な予感がしてきた。こうなれば小さくても釣らなきゃと思い、十二時過ぎ、余市に移動する。外に行くか、内に行くか迷い、内防に勝負をかけた。外には二、三人の釣り人がいた。朝まで勝負なら外だが、歩くのを嫌い、内でやったのが運のつきである。ここでもガヤのアタリばかり。周りも釣れていない様子だ。何とか一時過ぎまで粘ったがギブアップ。帰宅は三時近かった。ああ、またボウズを食らった.