行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

ボウズは続くよ何処までも。

 

七月七日(晴)

雲一つない空。釣りで疲れていても早く起きてしまう。いつまでボウズが続くのだろうか。七時半に起きて朝食。姪っ子を麻生駅まで送ってからシャワーを浴びる。釣具を片付けてから昨日車のマフラーが外れていたのでとりあえず針金で止めた。釣りに行く途中に何か下の方からカタカタ音が聞こえるので何かなと思って余市の帰りに下回りを見るとマフラーを留めているネジが錆で腐り、ネジがもげていた。知らなかったので走っている途中で車が止まるのではないかとヒヤヒヤしていた。来週直しに行くか。マフラーを留めてから録画しておいた「昭和歌謡ベストテン」、UFC、「世界侵略:ワシントン決戦」、資生堂アネッサレディスオープンゴルフ最終日を見てからダッフィーの散歩をする。肉球が熱いのだろう、玄関から川へ一目散に走る。そのままこの犬は潜ります。散歩から戻り、今度はプールに飛び込む。マイプールを持っている犬が果たしてどれくらいいるのだろうか。晩飯を食ってからシャワーを浴び、日本プロゴルフ選手権最終日、「よがえれ!あなたの青春フォーク&ポップス」という番組を見る。面白い番組だった。ゴルフは男子、女子ともにプレーオフの末、韓国人選手を逆転し、優勝した。

さて、一体いつまでこのブログを続けていられるだろうか。とりあえず「はてな」でやってみます。もっと簡単で良い先があれば移るかもしれません。