行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

日、露、韓、中とややこしくなってきた。

七月二十三日(晴)

 

竹島が騒がしいことになっている。日本の領土である竹島に、韓国が軍を配備し、占領しているが、この日本の領土である竹島を、韓国が占領し、その上空を露、中の軍機が飛んだとニュースで知った。韓国は、露軍機が侵犯をしたとして三百五十発にも及ぶ威嚇射撃をしたという。勘ぐればきりがないが、初めは露、中、韓の出来レースかと思った。おそらく世界でニュースにはなっただろう。世界では、竹島は韓国の領土だと思ったに違いない。

 

ニュースを見る限り、誰もが、日本の領土の竹島を韓国が占領している図には見えない。どう見ても韓国領に露軍機が侵犯したとしか思はないだろう。また三百五十発を撃ち、一発も当てないというのも不思議でならない。こんなことを思い、やらせに思えてしまった。蚊帳の外は日本だ。露、韓には抗議したものの露、、韓にしたらまた日本が何か言ってるなくらいにしか考えてないだろう。自民党さん、良いのですかこれで。「強い外交を展開し、国益を守ります」と言っていたけれど、早速お願いしますよ。

 

 

四時過ぎに事務所を閉めて帰宅。五時過ぎに姪っ子とダッフィーの散歩をする。私がリードを持てば、ダッフィーの好きなように歩かせるのだがそれに姪っ子が嫌気をさし、自分がリードを持つと言ってダッフィーに引っ張られていた。散歩から戻り、夕食を食べてシャワーを浴びる。夜は映画「バンク・ジョブ」を見る。