行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

悲しい知らせが届く。

f:id:kn3826:20190726115559j:plain

※数年前、旅行に行き、私へのお土産を持って来たときの彼女のメモです。

 


七月二十五日(曇)

 

北海道らしからぬ蒸し暑い一日だった。午前中は、一件の継続契約があった。午後は、石狩に、先日の保険の見積もりを持っていく。ナビを設定し、家がわからずにグルグル三十分ほど回っていた。二時半までは自宅にいるといわれていたのでタイムリミットが迫っていた。なんとかギリギリたどり着く。

 

五時頃に、事務所を閉めて帰宅。姪っ子を連れてダッフィーの散歩。私にリードを持たせるとどこまでも行くので姪っ子にリードを奪われた。散歩から戻り、夕食を食べてからシャワーを浴び、LPGAメジャー、エビアンチャンピオンシップ初日、映画「キング・オブ・ギャングスター2」を見る。

 

北朝鮮が在庫一斉処分セールをしているのか、またミサイルを発射した。今回のミサイルは迎撃困難なミサイルとか。隣国が騒がしいな。韓国は、WTOで日本の輸出規制に反発し、泣きついているが、反応は薄いようだ。この規制に端を発し、韓国国内では不買運動が連日起き、姉妹都市は交友をストップしたり旅行はキャンセルが続いているとか慌ただしい。これはごく一部の連中のようで、仲良くしたいと思っている連中にするといい迷惑だろう。しかし、韓国は日本に対し、散々悪態をついてきて、何かあると自分達は被害者だと世界に訴えている様子は滑稽である。

 

日本の領土である竹島を不法に占拠している韓国、その上空を飛び回る露、中の軍機。これが諸国民の公正と信義に信頼してだとは笑わせる。このように隣国が騒がしい中、この国では芸人が泣き、社長が泣く姿を面白おかしくマスコミは報道している。政治家までがコメントを出しているのだから平和だなあ、日本は。

 

午前中に、悲しい訃報の知らせ。二十年、天舞龍神に在籍していた女性が昨夜、癌でなくなった。私より二つ?上の女性だった。最後に会ったのは本祭だった。その時も、体調が悪そうだった。日曜もイベントに出ていたそうだ。体調が悪くなり、入院し、そのまま帰らぬ人となった。忍ぶ会は明日。最後のお別れに行ってきます。

 

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。合掌