行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

お別れの会。

七月二十七日(雨)

 

八時半頃に家を出て、お別れの会の会場に向かう。今日も、メンバーや元メンバーで会場が埋まっていた。最後に皆んなで棺の中を花いっぱいにする。その他、御朱印長、鳴子などの大切にしていた物も入れるた。会が終了し、祭壇に立てていた旗を撤収し、会場を後にした。 帰宅し、エビアンチャンピオンシップ二日目、Uー21サッカー欧州選手権準決勝スペイン対フランス戦、「リーサルウェポンseason3」センチュリー21レディスゴルフ二日目を見る。

 

夕方は、一人古平へ。札幌は風がなかったのに古平に到着すると。強風だった。それが気持ちの良い風。港に立ち、迷ったが折角なので投げてみる。それが間違いだったかな。期待通り、小さなハチガラのみ。風も強いが、流れも強かった。右に投げると流されて真横の左から仕掛けは上がってくる。ただでさえ釣れないのにこれでは釣れないに拍車がかかる。一応十時半まで粘ってみたがギブアップ。