行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

年々思い込みが激しくなります。

八月二十一日(曇)

 

今週は、何故か忙しい。仕事ですよ。外回りを済ませてから事務所で書類の計上処理を行う。この作業を溜めてしまうとわけがわからなくなる。処理を済ませてすぐに書類を営業に発送してしまえばよいも明日送る明日送ると伸ばしてしまい自分でどこに書類をしまい込んだのかわからなくなるのです。質が悪いのは送ったつもりでいると営業から書類が届いていないと連絡が来る。こちらは送ったつもりでいるのでこんな封筒に入れて先週送っていると言ったもののよく探してくださいと言われ、探すと封筒に入れたまま机の横にあったりすることがあるのです。そんな思い込みをしょっちゅうしてます。

 

五時に事務所を閉めて帰宅。姪っ子達とダッフィーの散歩をする。途中、姪っ子にリードを奪われる。散歩から戻り、夕食を食べてからシャワーを浴び、レアル・マドリード対セルタ戦、アトレティコ・マドリード対ヘタフェ戦、ドラマ「Uボート ザ・シリーズ深海の狼」六話〜八話を見る。今季のレアルとアトレテイコは突っ走るかもの予感がする。レアルは、ロナウドを欠いて、前シーズンは良い結果を残せなかったが、今季は、ジダンが上手くチームを仕上げているようだ。アトレテイコは、ポルトガルベンフィカから十九歳のジョアン・フェリックスが加入し、やりそうな予感がする。バルサだが、開幕試合はメッシが故障で、ベンチにも入っていなかったがちょっと厳しいスタートとなった。攻守のバランスもちぐはぐだった。