行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

子供達には誇りを。

八月二十八日(雨/雲)

 

馬鹿馬鹿しいお話を一席。とハンク・モブレーを聴きながら。三十日に韓国でU-18W杯というものが開幕されるようだ。日本代表は、甲子園で死闘を繰り広げた子供達が出場する。そのために韓国に向かう球児たちの胸には日の丸がない。高野連が今の日韓関係に配慮をし、韓国を刺激しないようにという愚策で日の丸無しのシャツにしたようだ。日韓関係に配慮・・・・。何故こちらがお隣の国に気をつかわなければならないのか。こんなときだから尚更、球児たちに日本代表としての誇りを持たせるべきではないのか。球児たちもそうだと思う。日本代表に選ばれたという誇りと栄誉があるだろう。ならば、試合で着用するユニフォームにも日の丸を外すのか。そんな大会に出場する意味はないだろう。それならば国旗は掲げないという規定を作り、仲良し倶楽部の試合で良い。

 

各国の子供達は代表としての誇りを胸に戦うのではないか。それを開催国に配慮して日の丸を外すとは。そんなに日の丸が嫌いならその信念を貫き通して二度と日の丸を掲げるな。と怒っていたら、高野連があまりにも非難が殺到したために日の丸を付けたらしい。不甲斐無いぞ、高野連。いくらこちらが配慮したってお隣の国は変わらない。指導する立場なら尚更子供達に誇りを持たせるべきだ。恐れ入るのは各チャンネルの馬鹿コメンテーターとかいう連中だ。この高野連の対応が素晴らしらしいとか学徒出陣かとか可笑しなことを言っている。選手たちの安全面と言うが、安全面というのならばそんな危ないところに行く必要もない。子供達に罪はないが辞退すればよかったのだ。

 

また、何にでもケチをつけ、とうとうケチをつける材料がなくなったのか、パラリンピックのメダルにまでケチをつけ始めた困ったお隣。朝日新聞のロゴにはケチをつけないのだろうか。軍国主義というわりには、日本の領土に軍を配備し、占拠しているが、ちゃっかり軍事訓練をしている。一体どちらが軍国主義なのか。

 

夜は、世界柔道選手権を見る。頑張れ日本。