行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

リベンジ白老。

九月三日(晴)

 

 

昼に一件の契約があり、契約者の事務所に行く。手続きを済ませてから契約者を治療院まで送る。そのまま銀行に行き、入金をする。事務所に戻り、事故処理などの作業をする。三時頃、取引先の担当が来訪。四時に事務所を閉めて帰宅。ダッフィーの散歩をするが、今日は気が向かないのか直ぐに帰る。今夜、先日のリベンジで白老に行くので準備をする。車中泊で釣りなど三十数年ぶりである。なんとしても一本釣りたい。

 

 

晩飯を食ってからシャワーを浴びる。釣りに行くまでの間、A・マドリード対エイバル戦、「ギャング・イン・ニューヨーク」を見て、十一時、さあ白老に出発。