行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

ヘトヘトの三日間を過ごす。

九月二十七日、八日(晴)

 

 

 

故障した車をレッカー車で運んでもらい、八時過ぎに一旦帰宅した。車屋から昼に白老から車が到着したと連絡が入る。車屋に行き、代車を借り、荷物を積み替えてそのまま再び白老に向かった。五時過ぎに到着し、釣りを始める。珍しく夕方に隣の隣が一本あげた。夕方に釣れるのはなかなか珍しい。やる気が出たがその後はまわりもさっぱり。こうなると朝勝負で寝るしかない。寝ると言っても六時過ぎ。寝れるものではない。車中でグダグダ朝を待つ。軽自動車の中、二人で寝るのは無理がある。色々な体勢でチャレンジしてみたが、やはり寝れない。そのうち身体が痛くなってきた。こうなると寝ずに朝を待つしかない。寝たのかななかったのかよくわからずなんとか三時が過ぎた。準備して日の入りを待つ。 四時過ぎ少し赤みがさしてきたので釣りを開始する。流石に外は寒い&眠い。五時が過ぎ、早々に隣の隣が一本釣る。よし、と思った。しかし待てど暮らせどアタリもない、周りを見渡してもうんともすんともない。日も登り、三時間が勝負。鮭が掛かると皆んな竿まで走るのだが、周りの誰もその走りが見られない。昨日の朝、群れが入ってあちこち走り周っていたのに今朝は誰も走らない。これが回遊魚なのだ。群れが無ければ釣れない。昨日の群れば何処へ行ったのだろう。

 

 

 

それにしても昨日の車の故障が痛い。周りで釣っている姿を黙ってみているだけだった。これは拷問に等しい。これが釣れる場所で故障したのならばレッカーが来るまで釣りができた。運が無かったのだと諦めるしかない。 ただ時間だけが過ぎる。多少の群れがあれば時間に関係なく釣れる。今日はダメだなあ。周りを見ると皆ダラーっとしている。また撤収する釣り人もいる。昼になり、諦めて撤収することにした。札幌に戻り、腹が減ったので丸亀製麺に寄り、カレーうどんをたべて二時過ぎに帰宅した。この二日間、ほとんど寝ずにいた。帰宅し、意識が朦朧としてきたので少し横になる。夕方、ダッフィーの散歩をする。顔を見ると連れて行けという顔をしていたのでこの顔を見ると疲れていても散歩をしてしまう。悪い体勢で二日間過ごしたので何故か身体のあちこちが痛い。散歩から戻りまた横になる。とんでもない三日間だった。幻の魚マツカワを釣った祟りなのだろうか。 f:id:kn3826:20190929103950j:plainf:id:kn3826:20190929103939j:plainf:id:kn3826:20190929103927j:plain