行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

昭和歌謡に酔いしれる。

十月十二日(曇)

今日も寝汗に悩まされる。七時過ぎにむくむくと起き上がり、朝食。シャワーを浴び、床屋に行く。最後に髪を切っている人が、もみ上げを揃えますかと言うのでお願いしますと言った。出来上がったのは左右バラバラでした。揃えますかと言ったよね。まあいいか。帰りにクリーニング屋に行き、墓前祭に着ていくスーツを出す。自宅に戻り、寝っ転がりながら「釣り百景」、「武田鉄矢昭和は輝いていた」(戦後新風を吹かせた三人の女性作詞家たち岩谷時子安井かずみ山口洋子)を見る。あっという間の三時間の番組だった。昭和は良いなあ。見ていて懐かしさと共に胸が締め付けられる感じだった。今風に言うと胸キュンですかね。情緒溢れる詩にメロディがまた素晴らしい。その当時の映像なども流れてザ・昭和だった。見ていて当時にタイムスリップしてしまう。もう二度と戻らない昭和の時代に酔いしれた。こんな番組なら一日見ていられる。 その後は、映画「プリズン・ランペイジ」、ドラマ「エージェント・オブ・シールド6」、を見てダッフィーのを散歩をする。今日もへそを曲げて途中で散歩をやめる。こうなるとどうやってもダッフィーは動かない。最後の手段、帰るぞと言ってやっと動く。まったく頑固な犬だ。散歩からもどり、晩飯を食ってからRIZIN、「クリミナル・マインド14 FBI行動分析課」を見て十一時でギブアップ。