行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

五稜郭の謎はオランダとの説。

十一月三日(晴)明治節

 

安倍さんも戦後レジームからの脱却というのならば祝祭日の名前を戻すべきです。訳の分からない名前では意味もない。ついでに祝祭日の国旗掲揚も国民の義務として制定すべきです。中には祝祭日の国旗掲揚はしたいが近所に恥ずかしいと言う者もいる。恥ずかしいどころか誇るべきですよ。因みに町内会で掲げているのは私だけ。近所の人は私が掲げている事で祝祭日がわかると言われたことがある。 七時に起床し、国旗を掲げてから朝食を摂る。顔を洗い、釣り道具の片付けをしようとしたら既に弟が片付けていた。やることがなくなったのでWOWOWエキサイトマッチ、「土方歳三  五稜郭 星の謎〜田中要次 オランダ・函館紀行〜」を見ていたら妹夫婦から昼食の誘い。丸亀製麺でご馳走になる。昼を終えて家に帰りUFC、レアル・マドリードレガネス戦を見る。

 

三時過ぎにダッフィのの散歩をして四時、弟を誘い、古平へ。昨日の釣りまったく懲りてない。 六時前に到着し、早速実釣。辺りは豆イカを狙っている釣り人も多数。こちらは、投げても投げても当たりなし。仕掛けを突っつくのはエゾメバルだけ。三時間投げてボウズをくらった。ギブアップし、夜市に移動する。一時間投げてここもエゾメバルのアタリだけ。一度くらいソイらしいアタリはあったものの突っついてストラクチャーに逃げ込む。十時に退散した。昨日は太平洋、今夜は日本海。まだまだ釣れない釣りは続きます。乞うご期待。因みに今夜の気温は四度です。手が冷たかった。