行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

雪は降る、あなたはこない。


アダモ Adamo/雪が降る Yuki Ga Furu (Tombe La Neige) ― 日本語盤 (1969年)

十一月十五日(晴/雪)

 

誰を待っているわけでもないが、アダモの「雪が降る」が聴こえてきそうな天気。ヤングマンにはなんのことかさっぱりだろう。森進一さんも歌っていたよ。午前中から真面目に来月分の申込書の作成に追われる。なんとか三時過ぎに終わった。天舞のスタッフが来訪し、五時頃に解散し、帰宅。外は雪。やっと来たか。少しずつ散歩道も白くなっていく。今日のダッフイーは何故かいつもと違うコースを歩く。道はダッフィーに任せているので何故方向を代えたのか分からない。そして寒風が体を突き刺す。散歩から戻り、晩飯。

 

今晩は先日釣ったカジカの鍋。具材は白菜に豆腐。ポン酢でいただく。さすが鍋壊しの異名をとるだけある。あの風貌でこの味は反則である。大体の人は、あの風貌で食べるのを躊躇う。騙されたと思って一度食べてみて下さい。食べてしまったのでまた釣りに行かなければ。

 

食後は熱い風呂。夜は英雄たちの選択「日出ずる処の天子の挑戦〜聖徳太子の外交戦略〜」「大阪が燃える!大塩平八郎の乱〜世直しの衝撃〜」、WOWOWドラマ「クリミナルマインド 14 FBI行動分析課」を見て十一時半頃に寝る。明日はきっと外は真っ白だろう。