行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

夜釣りよ今夜もありがとう。

f:id:kn3826:20191202144427j:plain

f:id:kn3826:20191202144436j:plain

f:id:kn3826:20191202144446j:plain

f:id:kn3826:20191202144456j:plain


十一月三十日(晴)

あっという間に十一月も終わり、明日から師走か。昼から弟を誘って鍋の具材を仕入れに日高へ。今回はフイハップ海岸。鮭と違い、カジカとなれば場所は選び放題。それがかえって迷う。二時くらいから開始。釣れるかどうかは分からないが雰囲気は良い。日が沈みだし、風も冷たくなりその辺の流木を集めてたき火をする。四時が過ぎ、段々と暗くなる。六時が過ぎ、八時が過ぎ、一向にアタリがない。九時過ぎに待望のカジカが来た。その後はドンコ。ドンコといってもゴッコという魚で東北ではこのゴッコは汁となりゴッコ汁といわれている。しかしキモイ。次第に干潮になり、仕掛けが届かなくなり十一時に納竿した。