行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

吉良邸討ち入りの日か。

十二月十四日(曇)

 

 

七時に起床し、朝食。顔を洗い、録画しておいたWOWOWドラマ「ウォーキング・デッド シーズン3」、映画「アクアマン」を見てダッフィーの散歩に行く。散歩を終えて晩飯。いただきものの讃岐うどんとほうれん草のおひたしという簡単な食事。今日は、二時過ぎまで釣りに行こうかどうか迷っていた。何度も日高方面の予報を見る。どの予報を見ても雨、雪、風となっていた。雨や雪だけならなんとか釣りは出来るが強風ともなれば釣りどころではない。三時くらいまで悩み結局籠城を決め込んだ。 食後はドラマ「トランスポーター・ザ・シリーズ」、UEFAチャンピオンズリーグザルツブルグリバプール戦を「クリード チャンプを継ぐ男」を見る。今日は散歩以外外へは出なかった。釣りをしていないとどうも時間を持て余してしまう。仕方なく籠城の一日だった。

 

今日は吉良邸討ち入りの日。「忠臣蔵」である。私も「忠臣蔵」を扱った様々な映画を見て来た。戦後はGHQにより、この「忠臣蔵」を扱ったものは一切ご法度だった。今では考えられない。それだけ日本の仇討ちを恐れていた証拠である。昔はこの日が近くなるとテレビで放映していたが最近はなくなった。