行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

やっと不備からさようなら。

一月十日(晴)

午後、取引先から書類が届き、早速不備処理。担当に電話を入れ、指示に従い、書類を書いていく。なんとか書類を書き、あとは来週、契約者から印鑑を貰い、年末から進まなかった不備が終わる。あとはどのようなペナルティーが来るのかはわからないが、待つだけ。不備処理が四時頃までかかり、疲れたので事務所を閉めて帰宅した。帰宅し、五時前にダッフィーの散歩。 夕食をとり、風呂に入ってからスーペルコパ(国王杯)バルセロナアトレティコ・マドリードの準決勝、ゴルフサバイバル、ボクシング王者伝説を見る。もう腹が立って仕方がない。後半アトレティコにゴールを決められる、バルサは敗退。二度のゴールもビデオ判定でノーゴールとなる。頭に来て試合終了を待たずに消してしまった。決勝は、マドリードダービーレアル・マドリードアトレティコ・マドリードとなり、これはこれで面白い。どうせならバルセロナに勝利したシメオネ率いるアトレティコに勝って欲しい。 釣り用にとユニクロに行き、超極寒ヒートテックというものを買った。会計をしようとするといつの間にか会計がセルフになっている。いやあ、緊張したね。何をどうすれば良いのか分からず唯々前の人のを覗き込み、店員に聞くのも恥ずかしいので聞かなかったが、一人オドオドしながら、なんでも良いからボタンをポチッと押してやった。なんとか会計は済んだ。やれば出来るのだなあ。店から出て自分を褒め称えた。 iPhoneからの更新は目がしょぼしょぼする。新しいパソコンをノートにすれば良かった。