行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

身体は正直。

二月二日(雪)

 

今朝、四時近くに釣りからの帰宅。ゆっくりして寝ていようと思っていたのに身体は正直なもの。いつも通り、七時過ぎに目が覚めてしまった。寝るのが遅かろうが早かろうが目覚めは同じか。ボケーっとしたまま朝食。シャワーを浴び、釣り道具を片付け用としたら弟が片付けていた。それならばと、録画しておいたものを見るしかない。レアル・マドリードアトレティコ・マドリードマドリードダービー、を見て昼、三十年以上通っている蕎麦屋に行き、昼食。

 

蕎麦屋から戻り、映画「ターミネーター4」、「アイ,ロボット」を見てダッフィーの散歩をする。今日ものらりくらりと歩かされた。不思議なもので六十年近くここに暮らしているが一度も通ったことのない道を歩かされた。それがまた新鮮である。三十分くらい歩かされてやっと家に戻る。体が冷えたので熱い入り、晩飯を食べてから映画「トランスポーター3」、ドラマ「キャッスルロック2」を見る。十一時に就寝。