行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

野村秋介先生、八十五歳のお誕生日。

f:id:kn3826:20200214142811j:plain

冬の小樽。野村秋介先生写真集より


二月十四日(晴/曇/雨)

 

朝からポカポカ陽気。ほんの一瞬でも春を感じさせてくれる暖かさであった。しかし、次第に曇りだし、肌寒くなってきた。今日は、日本中、巷ではバレンタインデーというやつですが、ご存命ならば野村秋介先生の八十五歳のお誕生日です。先日、二月六日、川崎でご家族、門下、一門、ご関係者の皆様が集まり、群青の会が主催する野村先生のご生誕祭が執り行われたようです。本来ならば、私も参列しなければならないのですがとても心苦しい思いです。今年も心参とさせて頂きました。朝、野村先生のご遺影に手を合わせてから事務所に。私は、野村先生の名に恥じない民族派運動を果たしてしているのだろうか、と自問自答する日でもあります。

 

バレンタインねえ、くれる相手もいないしどうでもよい。チョコレートは好きですよ。