行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

とうとう札幌で感染者が確認された。

二月十九日(曇)

 

とうとう札幌でコロナウイルス感染者が確認された。これで四人目である。それも地域は石狩、札幌、渡島地方である。現在、道で感染経路を調査しているようだ。おそらく調べようがないだろう。午後、同業者が来訪。引き受けできないすすきのの飲食店の保険をうちに持ってきた。それから四時過ぎまで見積もりを作る。明日、契約となる。仕事ですすきのかあ。

 

夕方は、刀談議があり、西区民センターで仲間と待ち合わせして参加をする。後醍醐天皇に従えていた楠木正成が使用していた小竜 景光という刀が豊臣秀吉に行き、その後、徳川家康と渡り、最後は明治天皇のところにたどり着いたという話は面白かった。八時過ぎに終了し、いつものホルモン食堂で直会をする。

 

f:id:kn3826:20200220103450j:plain f:id:kn3826:20200220103424j:plain f:id:kn3826:20200220103352j:plain f:id:kn3826:20200220103315j:plain f:id:kn3826:20200220185255j:plain f:id:kn3826:20200220103237j:plain f:id:kn3826:20200220103153j:plain