行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

世の自粛をよそに。

三月八(曇/晴)

 

 八時過ぎに目が覚めた。朝食は昨夜の釣りに買っておいたハムカツサンドを。シャワーを浴びてから映画「ザ・フォーリナー/復讐者」、UFC–究極格闘技–、WOWOWドラマ「コードネーム:ウイスキーキャバリエふたりは最強スパイ」、「応仁の乱前夜 将軍暗殺 嘉吉の変」、「ランボー3/怒りのアフガン」を見る。こんな感じで一日が終わってしまった。ダッフィーの調子が悪く、散歩は中止した。世の中は自粛、自粛というムードだが、釣り人にはそんなものはありませんよ。

 

札幌のライブハウスで、従業員がコロナウイルスに感染したとニュースになっているが、どうみてもライブハウスが原因のような報じ方になっている。店のオーナーも敢えて店名を公表した。この報道だが、女性が感染していたものなのか、客がウイルスを残していったものなのか何ら調査もせず、経路がはっきりとしていない。道内のライブハウスに大打撃が生じ、死活問題にもなっている。一言、ライブハウスが原因ではないと言えばまた違ったのかもしれない。市内のライブハウスではライブの中止も相次いでいるらしい。風評被害もいいとこだ。