行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

休竿日。

三月十五日(晴)

 

八時ころに目が覚めた。さすがに一日外で釣りをしたら疲れた。朝食は、昨夜買って残したパンを食べる。シャワーを浴び、今日はのんびりと録画したものを見る。あ、いつものんびりしていた。「メン・イン・ブラック:インターナショナル」、「復讐の十字架」を見てダッフィーの散歩。今日初めて外に出ました。散歩から戻り、夕食をとり「トラフィック」、「ノー・サレンダー」を見る。スペインリーグサッカーエスパニョーラが、コロナウイルスの影響で中止になっている。

 

バレンシアの選手が感染したとニュースになっていた。札幌市内ではイオン、三越に感染者がでたようだ。コロナウイルスの影響で、中国人観光客が来なくなり、チョコレートファクトリー閉鎖でイオンやほかの場所に移動をしているようだ。その一つがイオンらしい。それも入り口にバスを横付けするとか。迷惑なのはイオンや三越である。店としては、来るなとも言えず、痛いところだ。消毒作業のため、一時休館し、今は、開けている。しばらくの間、武漢ではなく中国人を国から出さない方がいいのではないか。考えてみればこれだけ世界中に中国人が動き回っているということだ。

 

政府は、コロナ対策もいいけれど、経済をなんとかしなければ。今月に一つ山が来るかもしれない。支払いや消費税もある。これを乗り切っても来月がしんどいだろうな。すすきのは閑古鳥も寄り付かないほど静まり返っているようだ。