行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

風が強く自粛してみました。

三月二十八日(晴)

北海道はコロナウイルス感染が少し落ち着いてきたが、東京の感染が止まらない。一日で五十人、六十人とは驚く。これがピークなのか始まりなのか。各局の専門家が好き勝手な事を言っているが、こればかりは誰にもわからないだろう。北海道と違って東京は密接度が違う。オリンピックの延期が決まり、札幌ではイベント関係のスケジュールの対応に追われている。そんな中、YOSAKOIソーラン祭は開催する方向に向かっているようだ。現在は、各チームでのコロナウイルスへの対策を実行委員会に提出することが義務づけられたとか。まあ私は当日スタッフなので声が掛かれば手伝うだけだ。

今日は申し訳ないくらい何もせずダラダラと過ごしていた。別にコロナウイルスの影響ではありませんよ。風が強く釣りも行けないので部屋で横になっていただけです。自粛要請が出ても釣り馬鹿には関係ありません。潮風は身体に良いと勝手に思ってます。風の様子を見て明日行こう。夜は映画「ビリーブ 未来への大逆転」、伝説のグループ・アリス再始動SP〜チャンピオン、冬の稲妻名曲誕生の軌跡〜、を見て今日は閉店ガラガラ。