行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

テレワーク。

四月十日(晴)

一日事務所だテレワーク。いや、ちょっと見栄を張りました。テレワークするほどの仕事はしてません。今日も古いパソコンの中身を整理していた。初期化にする時いらないものばかりが入っている。いらないものというか使いこなせないものばかり。セキュリティーソフトが上手く入らない。いつマカフィーを入れたのか、いつスーパーセキュリティーゼロを削除したのか。まったく覚えていない。結局、どちらも入れず、ウイルスが入らないようにコンセントを抜いた。来週また考えよう。

東京の感染者が何と今日だけで二百名近くになった。差別ではないが歩いているだけで感染してしまう人数である。恐ろしい話しだ。北海道は八名の確認がされた。また、政府と都で休業要請の乖離があったもののパチンコ屋にも要請がされるようだ。当たり前だ。このご時世にオラ関係ないはないだろう。いまのパチンコ屋は、換気が良いらしいが、そんな問題ではない。あんなものは害でしかない。開けているから依存症の人間は入ってしまう。閉めりゃ諦めるだろう。とやらない私は思ってしまう。休業しても従業員は仕方がないが、店は補償無しで良い。

外出自粛で家庭内暴力が増えていらしい。別にコロナのせいではなく元々そういった人間には暴力的なところがあったのではないだろうか。人間の本質はそう変わるものではない。それも被害に遭うのは弱い女子供である。そんなにイライラして暴れたいのならヤクザの事務所にでもいって暴れてくれば良いのだ。それなら私も納得する。 

四時に事務所を閉めて帰宅。すぐにダッフィーの散歩。晩飯を食べて風呂に入る。やるは映画「バンブルビー」、「ガーディアン24」を見る。