行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

取引先から業務の自粛要請が来た。

四月二十二日(晴)

 

午後、先輩と後輩が来訪。後輩は、地味にコロナの影響が出始めているらしい。大口のバス会社の契約者が解約を申し出てきたとのこと。先輩は建築関係で現場の仕事が止まってきたらしい。納期の予定も立てられないと言っていた。私はまだ影響が出ていないが、取引先から前代理店に対面募集の自粛要請がでた。また困ったことに取引先のサポートセンターが一時閉鎖となり、書類を作成するが何度やってもエラーがでてきて書類が作成できなかった。

 

それでサポートセンターに電話を入れるとコロナ対策で閉鎖というガイダンスが流れた。これには困った。至急の処理なのでなんとかない頭をフル稼働し、試行錯誤のうえ、作成を終えた。頑張れば出来るのだなと自分を褒め称えましたね。修了してみれば私の頭はオーバーシュートじゃなくオーバーヒートしていた。

 

五時過ぎに帰宅し、休業している双子の姪っ子達とダッフィーの散歩。姪っ子がいるとダッフィーの足も進む。散歩から戻り、夕食をとってから風呂に入り映画「96時間/レクイエム」を見る。何故か十一時くらいになると眠気に襲われる。