行雲流水の如く

 梶浦直樹の日々雑感

掻いても掻いても雪また雪。

二月六日(ドカ雪)

 

昨夜から降り続いている雪が勢いを増している。しかし今年は降るなー。昨年の年末からずっと降り続いている。ニュースでは過去最高の降雪とか。春はまだ先か。このドカ雪の中妹家族がでかけた。すると妹が戻ってきて近所で車が埋まったという。私の車で引っ張ろうとなり用意をして向かった。小路のあちこちでは車が埋まっている。町内会スタック祭りの様相を呈していた。途中私も埋まりそうになったがなんとか義弟の車に到着。もうどうにもならない状態だった。

 

そのうちに近所の若者夫婦などが手伝いに来る。みたことのない人たちだった。こんな状況で変なコミュニケーションができた。みな一生懸命に試行錯誤で車を出そうとしてくれている。私の車で引っ張ろうとしたら今度は私の車がスタックした。皆で押してなんとか脱出した。こりゃだめだなと思い、私は閃いた。妹に近所の仲の良い旦那さんがサファリに乗っているので頼んで来いという。そして保険をかけて、近くの中古車屋に行ってショベルカーで引っ張ってもらうよう頼んで来いと言った。しばらくしてサファリも来たが、サファリでさえギリギリ埋まりながら来た。そのあとにショベルカーが来た。そのショベルカーもあちこちで車が埋まっていたのでぐるっと遠回りをしてやっと到着。牽引ロープを装着し、一瞬で脱出に成功した。

 

お手伝いいただいた近所のみなさんに礼を言って家に戻る。すると向かいで車が埋まっていたので押しに行くがこの車も腹がつっかえてどうにもならない。諦めて私は家に戻った。それから事務所の前の雪掻きのため事務所に行く。

 

私は早生まれで来年だが、同級生らは還暦で今年定年を迎えるものもいる。来年赤い釣竿でも買うかな。車を押したり雪かきをしたり落ち着いたのは三時過ぎ。映画「ライジング・ホーク猛軍来襲」、「AVA エヴァ」、FIFAクラブワールドカップ2021(アフリカ王者)アルアハリ対(北中米カリブ王者)モンテレイ戦を見る。特別なこともなく五十九歳の始まりの日は終わった。