行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

ルイス・スワレスを放出とは。

九月二十四日(晴)

 

午後、一件の継続契約があった。もう四十年近い契約者である。契約を済ませて帰りに郵便局に寄り入金をする。事務所に戻り、四時頃まで仕事をし、帰宅。五時過ぎ、姪っ子を連れてダッフィーの散歩。家から出て左は通常のコース。右に行けばあてどもなく歩かされる。右に行こうとしたので左に引っ張るとダッフィーは、意地でも動かなくなる。仕方がないのでダッフィーの好きなように歩かせた。案の定、あてどもなく歩く。姪っ子も参っていた。

 

散歩から戻り、夕食を食べて風呂に入る。夜は、のんびり録画しておいたWOWOWドラマ「FBI:特別捜査班」、「ザ・ルーキー」、映画「トリプル・スレット」を見て十一時に寝る。

 

あ、そうだ、バルセロナウルグアイ代表のルイス・・スワレスを戦力外通告をし、放出を決定した。次のクラブはアトレティコ・マドリードに決まった。なんてこった、パンナコッタ。出すならグリーズマンだろ。あのスワレスのシュート感覚、臭覚はリーガ・エスパニョーラの中でもリオネル・メッシは別としてトップクラスだ。個人的には放出するのならばスワレスよりはグリーズマンだと思う。私は、今プチショックです。来シーズンはメッシもいなくなるだろう。それにしてもスワレスならばアトレティコでもあのプレイスタイルなら十分活躍するだろう。シメオネ監督とも上手くやれると思う。今シーズンのバルサアトレティコが楽しみだ。

時には嬉しいこともあるものだ。

九月二十三日(晴)

 

夕方、天舞の踊り子の女性が契約に来た。仕事の関係で時間が取れず、一旦はやめていた仕事の都合がつくようになり、十年ぶりに復活したとのこと。私が髪を切っていた店に偶然務めることになったのは十年前。天舞に入ったのは小学生だった。私が入ったころはもう高校生になっていた。新しく車を購入し、さて保険となり、たまたま彼女の親が通っている美容室でその話になり、店主がうちは直樹さんのところに入っているということになったらしい。

 

それで私のところに電話が入り契約することとなった。六時頃に来訪し、契約を済ませ、すっかり話し込んでしまい時計を見ると八時半。ありゃりゃとなって彼女は帰る。それにしても思い出して電話をくれたことが何より嬉しい。十年ぶりに復活したのは良いが、コロナの関係で本祭もイベントも全て無くなってしまった。来年の二月には代替えイベントが決まったとか。

 

八時半過ぎに帰宅し、可哀想なのでダッフィーを連れて散歩に行こうとしたが妹の旦那が外にいて車のエンジンをかけると車の前から離れない。妹の旦那はしかたなくダッフィーを車に乗せて町内を走っていた。

ひこうき雲。

九月二十二日(晴)

 

f:id:kn3826:20200923135223j:plain

 昨夜、ライブ終了後、十二時に札幌を出発し、二時に白老到着。砂浜を走り、場所を確保して用意をする。思っていた以上にガラガラだった。四時に実釣。小さなアタリが頻繁にある。そうです、餌取り名人のアカハラ(ウグイ)とフグ。ゴールデンタイムに入ってもアカハラとフグの猛攻は収まらない。周りを見ても誰も走っていない。

f:id:kn3826:20200923135246j:plain

 

鮭釣りあるあるというのがある。アタリがあると何故かみんな走り出す。 だからきたなというのが遠くからでもわかる。砂浜を走るので疲れも倍増。しかし今朝は見渡しても誰も走っていない。ざっと見渡しても竿の数は数百。みんなアカハラとフグにやられている。それが投げて直ぐに餌を取られるので餌の消耗が激しい。そのうち後輩が参って竿数を減らす。私はといえば耐えきれずに車の中で寝てしまった。空を見上げると綺麗なひこうき雲を発見。八時頃、とうとうギブアップ。まわりも諦めて帰ってゆく。

f:id:kn3826:20200923135307j:plain

あの子の命は、ひこうき雲。この雲を見て荒井由実さんの「ひこうき雲」が頭に浮かんだ。

十一時前に我が家に着いた。後片付けをし、昼めしを食ってからシャワーを浴び、横になりながら月曜プレミア8.1%の奇跡!逆転無罪ミステリー(袴田事件)、町中華で飲ろうぜ、WOWOWエキサイトマッチ、映画「バッドボーイズ2」、ドラマ「クリミナルマインド 15 FBI行動分析課」をだだだーっと一気に見る。十一時にバタンキュー。

Live&fishing。

九月二十一日(晴)

七時過ぎに起床。昨日は十時過ぎに寝たのでよく寝た。朝食は釣りの時に買っておいたランチパックの小豆マーガリンを食べる。仕掛けの補強をするために釣具店を三件も回る。帰宅し、仕掛けを数個作り直してから全米オープン最終日を見る。松山英樹選手は雪崩のように崩れた。日本人で一番メジャーに近い男と言われいたが結局はここまでの選手だと思う。メジャーは無理だろう。 f:id:kn3826:20200922185621j:plain 夜はD−BOP。まだコロナの影響で客足が鈍いようだ。もう感染経路は夜のお色気商売なのだからそこを気をつければ良いのではないかと思う。家から一歩も出ずに生活が出来るのなら良いが、そういうわけにも行かない。気をつけても感染する時には感染する。別にライブハウスが危ないということもない。ちょっと過敏になりすぎるのではないかと思う。 f:id:kn3826:20200922185545j:plain f:id:kn3826:20200922185704j:plain ツーステージを終え、挨拶をして直ぐに帰る。帰って用意をしてこれから弟、後輩と白老へ鮭釣り。十二時に札幌を出発。

シャケナベイビー。

九月二十日(晴)

結局一睡もせずに朝を迎えた。四時前に準備を終え、仕掛けを投入。朝に来た常連の釣り人が六時前に釣る.私の隣の隣である.すると逆の隣の隣も釣る.この段階で焦りが出てきた.すると隣にもアタリが来た。そしてまた隣にアタリが来た.竿から離れていたので教えてやる。 f:id:kn3826:20200920193817j:plain アタリのある竿を隣に教えていてふと自分の竿を見ると竿先がブルンブルンと唸っていた。急いで走って合わせてみると重くて動かない。これからが鮭との一騎打ちの戦いである。お互いが意地の引っ張り合いである。なんとか波打ち際まで寄せてここからが真剣勝負.大体バラすのは際のところ。焦って躊躇すると針が抜けるか糸が切れてしまう。これも慣れで経験なのです。波打ち際もクリアし、竿を竿たてに置き、糸を引っ張って勝負あり。これで六連敗は免れた。八十オーバーの牡だった。その後はフグの猛攻にあい、大量の餌を失う。諦めて十時半に納竿。隣の釣り人の友人が来たので場所を譲り、また会いましょうと挨拶をして帰る。困ったのが帰りである。なにしろ一睡もしていない.窓を全開にし、目を覚ましながら決死の覚悟で車を走らせた。いつもは弟がいるので帰りは寝ている。しかし今日は一人。 f:id:kn3826:20200920193852j:plain よくぞ寝落ちしないで札幌に着いたものだ。一時過ぎに札幌に到着し、朝からなにも食べていないので丸亀製麺で朝昼を兼ねてうどんを食う。帰宅し、後片付けをしてからシャワーを浴び、東海クラシックレディース三日目と最終日、全米オープン三日目を見る。それにしても昨夜サンルーフ越しから見た空はプラネタリウムのような綺麗な星空だった。

太平洋海戦出撃ス。

九月十九日(晴)

四時に目蒲覚めてしまった。ちょうど全米オープン二日目をやっていたので見る。七時頃に布団から起き上がる。朝食をとり、シャワーを浴びてから準備して白老へ向かう。昼前に到着。連休初日ということもあり数キロに竿が並んでいた。奥へ行き、いつもの場所が取れなかったので規制の看板ギリギリの場所に入る。隣の釣り人に挨拶する。規制の看板がずれていることを聞くと毎年河口も侵食され、その都度規制の看板もずれるらしい。今日は朝から二本しか釣れてないようだ。それを聞いてショック。早速実釣。六時までやるが無反応。見事撃沈。明日朝にかける。 f:id:kn3826:20200920001410j:plain f:id:kn3826:20200920001451j:plain f:id:kn3826:20200920001528j:plain

ダラダラとして一日が終わる。

九月十八日(曇)

一日事務所でダラダラとしていた。いるとそれなりにやる事はある。午後は、ブログの更新や次号の原稿を書く。四時に事務所を閉めて帰宅。五時頃に姪っ子を連れてダッフィーの散歩をする。散歩から戻り夕食。シャワーを浴びて全米オープン初日、東海クラシックレディース初日を見る。明日から一人で鮭釣り。六連敗にかける。