行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

緊急幹部会議。

八月七日(曇) 午後、召集がかかり、急遽幹部会議となる。五時過ぎに迎えにきてもらい、某所に向かい、最高幹部を乗せ隠れ家へ向かう。この店は、焼き肉屋なのだけれどグリコのおまけのような店で、一軒で出てくるものすべてが美味い。焼き肉、刺身、ラーメン…

広島の原爆投下から七十五年。

八月六日(曇) 今日は、アメリカが広島に原爆を投下してから七十五年になる。被ばくされた方々に、謹んで哀悼の誠を捧げます。 広島平和公園に「安らかに眠ってください。過ちは繰り返しませぬから」という句碑がある。これでは日本が過ちをおかしたというこ…

幻の潜水艦 伊四〇〇

八月五日(曇) 一日事務所で仕事。なにしろい暑くて外に出られない。十一時過ぎに布団に入るが蒸し暑くて寝苦しかった。汗もかき、Tシャツを取り替える。しかし我慢だ。北海道の夏は一瞬で去る。大いに暑さを感じ、夏を謳歌しよう。 今日もダッフィーは、いつ…

寝苦しい夜だった。

八月四日(曇) 今日も湿度も高く暑い日だった。普段から何もしていないがまったく何もする気が起きない。こんな日は、事務所でクーラーを点けてじーっとしているのが一番。午前中から、見積書や来月分の申込書を作成していた。早いうちに契約を済ませて鮭釣り…

体調がいまいち。

八月三日(晴) 釣りのやりすぎなのかまだ右手に力がはいらない。物を持っても力が入らず落としそうになる。いや、もしかするとやり足りないのかも。そうか、今月からは鮭釣りも始まるし、頑張るか。私はあまり車に乗っているときにはエアコンを点けず、窓を…

国産鰻は違う。

八月二日(晴) 八時に起床し、朝食。シャワーを浴び、映画「マグダラのマリア」、「アンダーカヴァー」、「フォックストロット・シックス」、石川遼×渋野日向子ドリームマッチ、を見て姪っ子とダッフィーの散歩。 散歩から戻り、晩飯。今日は土用の丑の日とい…

釣り三昧。

八月一日(晴) あまりの天気の良さに、昼前に、石狩へ日光浴を兼ねて釣りに行く。到着すると車がずらーっと並んでいる。車を止めて護岸に行く。周りは海水浴や日光浴を楽しんでいる家族などで賑わっていた。場所を確保し、まずは投げる。海ではおじいちゃん達…

夏もコロナと過ごす。

七月三十一日(晴) 七月が終わる今日も真夏日。夏日と言ってもこのコロナ禍ではじっとしているしかない。私はまだ釣りがあるから人のいない海に行くが、キャンプだと場所も限られるので密集が避けられないだろう。それにしても毎日のように感染が確認されるが…

李登輝さん逝去。

七月三十日(晴) 今日も夏日の札幌。湿度に弱いと言いながらコロナが収まる気配がまったくない。With coronaか。こんなやつとは一緒にいたくないなー。もう七月も終わろうとしている。コロナで始まった今年もあっという間に夏か・・・・・。 今日も事務所で…

数密の海岸通り。

七月二十九日(晴) 今日も真夏日だった。夏だからといっても若いころとは違い、海水浴やキャンプに出掛けることもなくなった。釣りで海岸を入っていると何密になるのだろうか、テントがびっしりである。もう横との間隔がないほどテントだらけ。ごみを残さず…

結果がどうであれやるだけのことはやっています。

七月二十八日(晴) 午前中に袴田巌さんの件で某政党事務所に行く。持参したのはパンフレットと袴田巌さんのために作られたCD(春、待ちわびて)を。事務所に入るなり、秘書にお久しぶりですと言われた。きっとどこかであったのだろうか。これを議員にお渡し…

店選びの基準はたばこが吸えるです。

七月二十七日(曇) 最近は、飯を食うのにもたばこが吸えるかどうかの基準で店選びをしなければならなくなってきた。先日のすすきのでもたまたま入るときに喫煙ができるかどうか店員に聞くと「今日から吸えるんです」という。聞いたこっちが「え?吸えるの?」…

二十一世紀書院 機関誌『燃えよ祖国』最新号

二十一世紀書院 機関誌『燃えよ祖国』最新号(通巻260号)です。 ご購読、お問い合わせに関しましては二十一世紀書院までご連絡をお願いいたします。見本誌も御座います。

炎天下での街頭演説会。

七月二十六日(晴) 午後から、街頭演説会。街宣車を取りに手稲に行き、車を乗り換えて街宣場所の大通公園に向かう。仲間たちが集まり、早速準備。炎天下の中、二時に開始。今月も國の子評論社の横山孝平社主、山本和八氏をお迎えしての街頭演説会。好天とい…

休竿日。

七月二十五日(晴) 七時過ぎに起床。朝食をとり、シャワーを浴びる。昼から天気が良くなり、釣りにでも行こうか迷ったが録画しておいたUFC究極格闘技、スティーヴン・セガール主演映画「 TRUE JUSTICE PART4.5、6、」を見てダッフィーの散歩…

YYKでちょっとした旅気分。

七月二十四日(曇) いやー寝た寝た。昨夜は十一時前に寝てしまった。今朝起きたのは七時過ぎ。釣りからすすきのへとほとんど一睡もしていなかったのでぐっすり寝てしまった。朝食は、釣りの時に買ってあったパンを食べる。顔を洗って録画しておいたスティーヴ…

go to白老&ススキノへ。

七月二十三日(曇) 小雨の降る中、五時くらいからパタパタとリリースサイズばかりのマツカワが釣れ出す。途中、アカハラ、フグ、サバの邪魔が入る。サバとアカハラは捌いて餌用にする。マツカワはリリースサイズだが、それでも楽しい。昼前にアタリも止まり出…

王鰈を求め再び白老へ。

七月二十二日(曇) 四時過ぎまでダラダラと事務所で仕事。帰宅し、ダッフィーの散歩をし、夕食。風呂に入り、英雄たちの選択、映画「沈黙のTRUE JUSTICEPART1」を見る。深夜、マツカワを狙いに白老へ。三時前に浜に到着し、夜が明けるまで待機。

平和祈念祭も自粛のよう。

七月二十一日(曇/雨) このご時世では仕方のないことだが、八月十五日の札幌護国神社での平和祈年祭が、本年は役員数名での参拝で一般会員は個々での参拝となった。いわゆる自粛である。また北海道の例大祭は、当別神社を除き、すべて中止である。こんな状態…

ボクシングも無観客で再開。

七月二十日(晴) 普段から大して仕事をしてないが暑くてなにも出来ない。クーラーを点けて事務所で一日涼んでいた。明日は土用の丑の日ということでスーパーで鰻を買ってきた。国産物は高いので、ここは中国に媚びて中国産を買ってしまった。庶民はこれが精い…

休竿日。

七月十九日(晴) 連日の夏日。七時過ぎに布団から脱出。ボケーっとしながら朝食。顔を洗ってから砂だらけになった車を掃除し、シャワーを浴びてから仕掛けの作り直しを昼過ぎまでやる。昼飯を食ってから録画ておいた「雪冤〜ひで子と早智子の歳月〜」を見る。…

王様の入れ食い。

七月十八日(晴) 三時前に白老に到着。まだ用意をするには早く車の中で待機する。四時前に外が明るくなって来たので準備をする。辺りを見回しても釣り人は我々だけ。四時も過ぎたころから頻繁にアタリが来る。まずはフグ。そしてサバ、本命のマツカワと大忙し…

起こされて釣りに行くことになる。

七月十七日(晴) すすきののキャバからでクラスターが発生したようだ。二十代の頃は連日のようにクラブや今のような過激なキャバクラではないがよく通っていたがもうそんな元気もない。それどころかすすきのに行くのもすっかり面倒になってしまった。そのくせ…

暑さとコロナの厳しい夏になるだろう。

七月十六日(晴) 北海道にもようやく夏が到来した。しかしコロナで新しい生活様式では今年の夏はおろか、これからは感染に気をつけて過ごさなければならなくなるのだから短い夏を謳歌するのはむずかしいだろう。 もう海水浴などする年でもないのでもっぱら釣…

最近利き手に力が入らない。

七月十五日(晴) 午前中は、担当と打ち合わせをしながら申し込みの作成をしていた。一応三種類の申込書をつくる。午後、その申込書をもって契約に向かう。途中、通り道なので中央署に寄り、来週の街宣の申請をする。署内は感染拡大防止であちこちとビニールが…

幻を求めて。

七月十四日 午後から事務所で仕掛けをつくっていた。昔は幻の魚といわれた鰈の王様マツカワ(王鰈)を今秋から狙おうと思っている。幻の魚だけあって仕掛けつくりにも力が入る。まあ狙って釣れる魚ではないけれどロマンです。それが終われば鮭釣りを開始する…

女三人よれば賑やかだ。

七月十三日(晴) 午前中に契約者から事故の連絡が入る。電話では状況がピンとこなくて詳しく聞くために自宅に行く。詳しく聞き、次は事故現場を見に行く。状況がわかり、事務所に戻って取引先に事故報告を入れる。担当と少し打ち合わせをしてあとは任せること…

夜はD–BOPへ。

七月十二日(晴) 八時に起床し、朝食。昨夜釣りの時に買っておいた焼きそばパンを食べる。シャワーを浴びてからラ・リーガのバルセロナ対バジャドリード戦、究極格闘技UFC、映画「ホテル・アルテミス」を見る。 夜はD‐BOPで友人のライブ。店に行くと客は私…

ふらっと古平へ。

七月十一日(晴) 八時前に起床し、朝食。シャワーを浴びて昨日の続きで鮭の仕掛けを昼まで作っていた。終了し、ラ・リーガのレアル・マドリード対アスレティック・ビルバオ戦、バルセロナ対エスパニョール戦、釣り百景を見て四時過ぎにダッフィーの散歩。 夕…

今年初のすすきのへ。

七月十日(晴) 日中は、事務所で来月に向け、鮭釣りの仕掛けを作っていた。早いなー、来月には鮭のシーズンだ。市販でも釣れるが、作った仕掛けに来たときの感動がある。昨年は、後輩を誘い、後輩は市販の仕掛けで二本の竿に五本の鮭。私は作った仕掛けで四本…