行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

もしもし鮭よ、鮭さんよ。

九月十六日(曇)

 

目が覚めたのは八時。やはり車中泊の釣りは疲れる。若い頃は、友人達とワイワイガヤガヤと道中を楽しんでいたが、その友人達は皆釣りをやめてしまった。帰りは弟に運転をしてもらったが、気づいていたら寝ていた。一人ならば気を引き締めて帰るのだけれど連れがいると気が緩んでしまうのだろう。前回は何度か運転中に落ちそうになった。なんとか窓を全開にして帰路に着いた。

 

 朝食をとってから道具の後片付けをする。竿やリールが砂だらけだったので全て水洗いをした。片付けを終えてR・ソシエダ対A・マドリード戦、バルセロナバレンシア戦を見てからダッフィーの散歩。好き勝手に歩かせたら一時間近くも歩かされた。疲れていてもダッフィーの顔を見ると行かないわけにはいかない。散歩から戻り、夕食を食べてからシャワーを浴びる。夜はうとうとしながら映画「ゲーム・オブ・デス」、WOWOWエキサイトマッチを見てバタンキュー。

 

それにしても鮭が釣れない。このままボウズ三年目に突入しそうです。