行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

昨日のことが思い出せない。

三月十七日(晴)

 

今、思い出しました。ブログを更新していたと思っていたらしていなかった。何をしていたのかまったく覚えていない。そうだ、市の記者会見で約一か月ぶりにコロナの感染者がゼロとのこと。それはないと思う。感染していても症状がでず、あちこち歩きまわっている人もいるのでは。また一気に出てきそうだ。それより毎日のように感染確認とニュースでやっているものだからこちらがまたかと麻痺してきた。各局のコメンテーターがばらばらの見解を言うものだから何が何やらさっぱりわからない。長引くとか収束するとか一体なにが正しいのやら。

 

週末の連休も外出自粛要請が出されたがそれは無理です。天気を見て釣りにでも行こう。自称公務なので四時過ぎに帰宅。いや、公務員でもこんなに早く帰らないだろうね。姪っ子達とダッフィーの散歩をして夕食。風呂に入ってから録画しておいた「町中華で飲ろうぜ」、バルセロナレアル・ソシエダ戦、映画「エージェント・ウルトラ」を見て十一時過ぎに寝てしまった。