行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

とうとう死亡者が出た。

二月二十六日(晴)

 

朝から事務所で見積もりやら書類の作成をしていた。あっという間に四時が過ぎていた。こんなに真面目に仕事をしていては、明日の天候も大荒れになるかもしれない。もし荒れるようなことがあれば、それは私が真面目に仕事をした事が原因です。責任をとり、暫く仕事をやすみます(笑)

 

 五時に姪っ子を連れてダッフィーの散歩。今日も散々歩かされて股の付け根を痛めてしまった。道路が凍っているのでどうしても足に余計な力が入る。散歩から戻り、晩飯を食ってから「大日本帝国憲法伊藤博文」、バルセロナ対エイバル戦、映画「ナチス第三の男」、「町中華飲ろうぜ、」を見る。

 

新型コロナウイルスでとうとう北海道で死亡者が出た。そして一件の倒産。函館の高齢者だそうだ。死亡後に感染していたと判明した。日に日に北海道で感染者が確認され、全国で最多とのこと。もう全道に広がっている。ネットでは北海道が感染元だといっているものもいるらしい。渡航禁止前に北海道に観光で来ていた中国人が百万人近くいるようだが、それが原因なのかもしれない。その菌が全道に散らばっているのだろう。まったく先が見えない状態だ。