行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

いやぁ、映画って本当にいいもんですね〜。

五月十三日(曇/晴/雨/氷)

 

今日はなんという天気だ。曇、晴、氷、雨とオールスターである。空は、青空と曇り空の真っ二つに分かれている。北海道が、末まで緊急事態の延長となる。飲食店などの店はなんとか十五日までと我慢をして自粛休業をしていたがお先真っ暗となっているだろう。我慢も限界となり店を開くところもあるのではないだろうか。まあコロナが収束して、落ち着いたとしても経済の方は年内は落ち着かないと思う。解除後も厳しい状況が続くのではないか。

 

今日は、高校時代の後輩先輩が入れ違いで来訪する。人との接触を八割とよく聞くが、普段から私は人とあうことがあまりない。その中の八割となるとゼロになる。なんだかよくわからん。午後に、銀行に行き、保険料の入金をして仕事は終わった。四時に帰宅し、姪っ子達とダッフィーの散歩をする。夕食の後に風呂に入り、今夜のステイホームシアターは「ゴッドファーザー PART III」を見る。Ⅰ、Ⅱが名作だっただけにⅢは正直物足りなさがある。当時は、フランシス・フォード・コッポラの娘のソフィア・コッポラが映画をぶち壊したという酷評もでていた。

f:id:kn3826:20200514110111j:plain