行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

一日ぼーっとしてまし。

十月九日(晴)

事務所に行く前に、ツルハに行って葛根湯を買いました。昨日よりはほんの少しだけ体調が良いが、寒気と喉の痛みが治まらない。風邪薬を買うなんてあまり記憶がない。きっちり治して来週の横浜に備えないと。午後、泥棒に入ったお客さんの自宅に行き、被害状況を確認する。ちょうど業者が来ていたので写真と見積もりを依頼した。聞くと寝室近くまで泥棒は侵入していたそうです。いつだったか自宅の裏に、変質者が現れ、若い女性を襲ったが、声を出されて逃げたようだ。変質者、多発している泥棒、殺人事件、どうなってるんだ新琴似は。自警団でも作るかな。

怠くて四時に事務所を閉めて帰宅。それでもダッフィーの散歩は欠かせない。晩飯を食い、アトレティコ・マドリードバジャドリード戦、ドラマ「エージェント・オブ・シールド6」を見てからこの体調で、弟を誘い鮭釣りに出かける。本当に釣り馬鹿だ。