行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

日々雑感。

十月二十五日(曇)

 

朝から事務所で契約者の作成やら雑用であっという間に四時が過ぎた。自称公務員なので四時過ぎには事務所を閉めて帰宅。暗くなる前に姪っ子とダッフィーの散歩をする。 後輩から電話が来ていたが、今日は、中共の副国家主席が来道しているようだ。鈴木知事と夕食をするとか。政府もそうだが、道も市もどうも中共に依存しすぎる。来るなとは言わないが、最低限のマナーやルールを守って来てもらいたいものだ。どこは行っても中国人の観光客が我が物顔で闊歩しているのは気分が良いものではない。

 

 

先日も、横浜の東横インに泊まっていたら、廊下で大きな声で騒いでいて煩くて眠れなかった。 苫小牧では市に対してIR誘致に反対する市民団体が署名を集め、市長に手渡したようだ。道知事も苫小牧市長も誘致に意欲を燃やしている。私も個人的に何か札幌でやろうかと考えている。昨年からは、街頭ではIRと入管法の危険さを訴え、反対の意思をしめしているが、なんの力にもならない。それはわかっているが、言い続けるしかないと思っている。 夜はのんびり釣り百景、映画「バトル・ドローン」、「アストロ」を見て寝る。