行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

だまって一日が終わる。

三月四日(雪/曇)

 

一日なにもせず事務所で黙っていました。今日から誰も来ない事務所にも消毒液を設置した。ずぼらな私はいまだになんの対策もしていない。マスクも面倒なのでしていません。手も気が付いたら洗う。いまだインフルエンザにも罹ったことがない。コロナもインフルも避けて通る生粋の馬鹿なのだろうか。気をつけてもかかる人はかかるのだろう。まあ小さい頃はどぶ川で泳ぎ、その水を飲んで育ちましたからね。ということで何もせず一日が終わってしまった。