行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

久しぶりのSFO。

f:id:kn3826:20200129112815j:plain

f:id:kn3826:20200129112843j:plain

f:id:kn3826:20200129112901j:plain

f:id:kn3826:20200129112922j:plain

f:id:kn3826:20200129113003j:plain

f:id:kn3826:20200129112942j:plain

f:id:kn3826:20200129113022j:plain


一月二十八日(曇)

 

土日はひきこもっていたのでこれでは人間が駄目になると思い、今夜はD-BOPへライブを見に行くことにした。確か、最後に見たのは去年の夏だった。八時前に店に到着。久しぶりの友人にも会う。ライブが始まるころ、これまた久しぶりに妖怪まこっちゃんとばったり。私の横に座る。

 

最初からジェームス・ブラウンやクール・アンド・ザ・ ギャング、The J.B.'sなどの曲でガンガンのファンクを聴かせる。サックスを吹く盟友は額から汗をダラダラと滝のように流しながら吹いている。いろいろなライブを見てきたが、札幌でこれだけの汗を流しながら演奏するものは皆無である。ツーステージのライブは終了し、ダラダラと話しこんでいたらあっという間に一時が過ぎていた。まこっちゃんを家まで送り、帰宅。