行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

こんなよい月を見ながら釣りをする。

三月七日(晴)

何度かトイレで目が覚める。七時過ぎに起床し、朝食。シャワーを浴びてから映画「大脱出」、「大脱出2」、「キャプテン・マーベル」、ドキュメント「再会〜震災8年故郷・杉の下に生きる」を見て早めにダッフィーの散歩をする。 晩飯をとってから六時に我が家を出発し、古平へ。七時過ぎに漁港に到着すると久しぶりに見る数台の車。天候も良く海も穏やかということもあり、防波堤には釣り人がいっぱいである。皆ソイ釣りです。早速実釣。直ぐに小さいサイズが釣れた。アタリもとまり、移動する。移動中、釣り人の袋の中を覗くといいサイズのソイがいた。去年の三月まではこれくらいのサイズが釣れていたのに現在絶不調です。 f:id:kn3826:20200307203202j:plain いつもの場所に入り、暫く投げているとやっとマゾイが釣れた。サイズは二十六センチ。三十はなかったが、腹がでっぱりとした体高の良いマゾイで引きも良かった。結局これを最後。十一時になり、寒さで手も痺れてきたので退散。 f:id:kn3826:20200308104458j:plain 月も星も綺麗な夜だった。それだけでも徳をした気分。