行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

NAOKIs'Cafe。

五月三日(晴)

今日は、日本国憲法を記念する憲法記念日らしい。記念する人達は国旗を掲げているのかな?私は馬鹿らしいので国旗を掲げておりません。七十数年も押し付けられたこんな憲法をお祝いする人達こそおめでたい連中だ。アメリカはけしからん、しかしアメリカから無理やり押し付けられた憲法はお祝いしましょうというのだから呆れてしまう。

また政府は憲法改正に意欲を見せているが、これがまたご都合憲法だ。都合の良いものだけを改正して都合の悪いものはそのままというのだからとてもではないが、それなら今のままで良い。改正をするならば前文は勿論、九条の三項に自衛隊など明記せず一項に自衛隊を明記し、国家国民の危機的状況には自衛隊を持って阻止するものとする、である。前文も、諸国民の公正と信義に信頼しても外すべきである。韓国の反日政策、中共の度重なる侵犯行為、北朝鮮の、在庫処分セールのミサイル連発、このどこに公正と信義があるのか。

今日は、庭でNaokisCafeを開店。客は兄家族、妹家族でステイホームパーティーをしてみた。と言っても姪っ子達がお菓子を作り、私はただ食べるだけ。某大手音楽業界にいる甥っ子だけが帰ってこられず在宅勤務で東京にいる.

f:id:kn3826:20200504100102j:plain f:id:kn3826:20200504104837j:plain

ニュースでは豊平川河川敷での無法BBQが、問題になり、批判が殺到している。そしてゴミは放置。確かに馬鹿な連中だが、そもそも自粛要請には強制力はない。単なるお願いであって、処罰の対象にはならない。国が期間限定で外出禁止令を発動すれば良い。そうすればこんな馬鹿な連中も出てこないだろう。外出する時には証明書を発行するとかね。まあこんな馬鹿な事を考えております。国難の時には国はもっと強い姿勢であるべきだと思う。