行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

横浜のFさんのご訃報。

六月十五日(曇)

 

午前中に後輩が来訪。一緒に釣具屋に行くことになる。私は、竿キャップの購入と糸の巻きなおし。後輩は来るサケ釣り用のためのリールを購入していた。そのまま昼になり、近くのビーフインパクトで昼食。

f:id:kn3826:20200616103714j:plain

ビフォー

f:id:kn3826:20200616103657j:plain

アフター

 

午後、ちょろちょろっと仕事をしていると今度は先輩と従兄弟が来訪。先輩と従兄弟は高校時代の同級生でそれが縁で四十年近い付き合いになる。高校時代はとんでもなく怖い先輩で、廊下で顔を見ると隠れていた。それが不思議なものでこんなに長い付き合いになるとは。

 

そんな中、訃報が届く。蜷川先生のご友人で、Fさんのご訃報。北海道にもゆかりがある方でした。札幌に来られた時の思いで、ご一緒に沖縄にご旅行した思い出、横浜で毎年お会いしたりといつもにこにこしてるお顔しか浮かびません。お洒落で格好いい方でした。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 

五時に帰宅し、ダッフィーの散歩。言われるところのコロナ太りとなり夕食は少し。シャワーを浴び、ラ・リーガアスレティック・ビルバオアトレティコ・マドリード戦、WOWOWエキサイトマッチのヘビー級特集を見て十一時半に寝る。