行雲流水の如く

梶浦直樹の日々雑感

頭より身体が先に動くのです。

f:id:kn3826:20200205093942j:plain

FBよりお借りしました。


f:id:kn3826:20200204142220j:plain


二月四日(晴)

 

今日街に仕事があり、予てからどう行動に移すか考えていたことがあった。そして、自民党道連に、中国共産党習近平国家主席国賓で招くことへの見解を聞きに行ってきました。当然事務所には誰もいず、事務員の男性が対応にあたりました。私が掲げる問題は二点です。

一つは、ウイグルチベットへの侵略、弾圧、虐殺の指導者を両陛下に会わせるべきではない。それは皇室の政治利用になるのではないかという点。もう一つは国賓で招くということはウイグルチベットへの侵略、弾圧、虐殺を日本政府は容認することになり誤ったメッセージを送ることになるという二点の見解を聞きましたが、その質問の答えは得られなかった。が、「道連としては立場上反対はできませんが、名前は伏せますが道内の議員の中でも反対をしているものもおります」という返事が返ってきた。

私の行動の是非はあるのかもしれないし、どうにかなるものではないことも重々しっている。しかし一人でも市井のなかで反対しているものはいるということを訴えたかった。誰に何を言われたのではない。私自身が正しいとそう思ったから行動しただけです。 無駄だという人もいるかもしれない。しかしやらないよりはやった方が良い。自分のために。全国で声があがることを願ってやみません。

 

※告知です。(FBより)

 

3月1日(日)13時より。
習近平国賓来日福岡デモ】を開催致します。デモを終えるまでの期間限定グループページです。
覇権国家支那中共の、非道極まりなき所行は世界中の知るところです。そのような国のトップを【国賓】として招く政府にNO!を突きつけましょう。
畏多くも天皇陛下の拝謁は日本人なら受け容れ難きことです。...

立ち上がれ!国思う日本人同胞よ!
来たれ!心同じくする友よ!
集え!誇り高き祖国の為に!

 

中国共産党習近平国家主席国賓として招く日本政府に対し、反対の声をあげるデモ・署名運動を行います。 

国賓待遇では天皇陛下の拝謁が行われ、中国共産党の行いを我が国が容認したかの様な、間違った演出がなされてしまいます。
これは畏多くも天皇陛下を政治に利用しようとする蛮行に他ならず、世界の流れにも逆行した愚行です。断固として阻止しなければなりません。

...

日本全国で同様の抗議運動が発生する中、私たちの郷土・福岡からも「習近平国賓招待絶対反対」の声を挙げましょう。

○希望される方はどなたでも参加頂けます。(参加費等は一切不要)
○このイベントページで【参加予定】を表明するか、当日集合場所に直接お越しください。
○現地集合現地解散とします。
○軽装での参加をお願いします。
○国旗やプラカードの持ち込みは大歓迎です。 
○団体名が入った旗や、ヘイト表現とみなされるプラカード等は禁止します。

今こそ私たち国民一人一人が立ち上がる時です。心同じくする皆様の参加をお待ちしています。私たちの【真の民意】を示しましょう。